FM西東京84.2コミュニティラジオ

QCQ
総持寺
おかげさまで20周年!
三幸自動車
思い出ラジオ
バナー広告募集中!
「白川太郎の実践!治るをあきらめない!」5/1放送内容 喘息へのパプラールの使い方

「白川太郎の実践!治るをあきらめない!」5/1放送内容 喘息へのパプラールの使い方

「RSS Podcasting」と書かれた赤いバナーをiTunesなどのソフト上にドラッグ&ドロップすると番組が登録され、 そのソフト立ち上げるたびに自動更新された番組を楽しむことができます。

5/1の放送は「喘息へのパプラールの使い方」

喘息の一般的な治療は、
発作が起きるとまずは気管支を広げる。

発作の緊急事態に対処するのはアドレナリン注射。
一瞬にして気管支を広げて、
それまで背中を丸めて苦しそうにしていた人が
何事もなかったのようにシャキッとして帰る。

非常に強力。
しかし何回もやると、
その内、効かなくなる。

一般的には、気管支拡張剤&ステロイドの点滴。
炎症を抑えつつ気管支を広げる。
点滴が終わる頃には発作が治まる。

白川先生の治療では
重要な事は発作を起こさないこと。

どうやって起こさない状態を維持するか。
気管支を拡張させることを予防としてやる。

ほんの初期の頃にちょっと音がする状況で
本人にも少し自覚症状がある場合には
予防措置をする。

アレルギー炎症では
強く活性酸素が出て気道を荒し、
発作につながる。

健康飲料バプラールの抗酸化作用は活性酸素除去に役立つといわれている。

パプラールは癌や喘息の人にも飲まれて来ている。

季節の変わり目に悪化するのは
ダニやダニの死骸を吸い込む機会が増えるから。

健康飲料パプラールにはパラジウムや白金など重金属が使われているが
野口英世たちが長年の年月をかけて有機コロイド化し、
無害化させている。

これまで癌や喘息の人がパプラールを飲んできた。

今もって不都合な作用はあまり認められていないとされている。

詳しくは番組を聞いて下さいね。

5/1 9:50~ (再放送 5/2 9:15~ )

PCではこちら、http://842fm.west-tokyo.co.jp/
(スマホは無料アプリTunein Radioをダウンロードして)

タグ:白川太郎