FM西東京84.2コミュニティラジオ

QCQ
総持寺
おかげさまで20周年!
三幸自動車
思い出ラジオ
バナー広告募集中!
「帯津良一の達者で生きる」5/5放送内容 湯布院養生塾と亀井別荘のもてなし 

「帯津良一の達者で生きる」5/5放送内容 湯布院養生塾と亀井別荘のもてなし 

「RSS Podcasting」と書かれた赤いバナーをiTunesなどのソフト上にドラッグ&ドロップすると番組が登録され、 そのソフト立ち上げるたびに自動更新された番組を楽しむことができます。

5/5の放送は、「湯布院養生塾と亀井別荘のもてなし」

全国20ヶ所に養生塾を展開していて
年に一度ずつ行っている。

数ある中でも事の他好きな所は湯布院。
この4月の土日一泊で行く予定だった。

ところが地震。
金曜日に熊本で揺れた際には、湯布院は大丈夫だったが
土曜の朝、空港に行こうとした頃に起きた地震で
やむおえなく由布院の養生塾は延期となった。

由布院の養生塾のいいところは
主催者が太極拳の師範であり、
調和道丹田呼吸法の指導をやっていること。

そして食べ物と酒が美味しいこと。
刺身がうまい。豊後ぎゅうがうまい。

九州の北から、南からと参加者が来て賑やか。

さらに、泊めてもらう宿「亀の井別荘」がとてもいい。
最高のもてなしがある。

例えば、玄関に入ると、
それまでフロント、応接、食堂などで仕事をして人が
一斉に全員がもてなしの体制に入って動く。
誰も司令塔がいないのに。

司令塔がいないのに、無駄な動きが無く
応接に座らされ、生ビールがさっと出てくる。
なんとも言えない場の営みがある。
働いている人の気持ちが一つになっている。

病院では患者さんの接遇が重要で年に2回ほどセミナーをしているが
亀の井別荘をみていると、セミナーなどどうでもいいような気がしてくる。

養生塾の講演を終えて帰って来ると
夜食のお重と好みのウィスキーがボトルでスッと出てくる。
実にタイミングよく。

念入りなもてなしで忘れられない。

地震が続いて
どうしているかと思っていたら
無事だから心配しないでくれと電話があった。

何としてでも再開をしたいので日にちを下さいとのこと。

帯津先生は年末まで空いている日にちが一つだけだったのを
直前に埋まったばかりだったのをすぐに取り戻し、
由布院に行く事に。

9月の再開を楽しみにしている。

詳しくは番組を聞いてみてくださいね。


5/5 9:15~ (再放送 5/8 9:15~)
PCではこちら、http://842fm.west-tokyo.co.jp/
(スマホは無料アプリTunein Radioをダウンロードして)

タグ:帯津良一