FM西東京84.2コミュニティラジオ

QCQ
総持寺
おかげさまで20周年!
三幸自動車
思い出ラジオ
バナー広告募集中!
「帯津良一の達者で生きる」7/6放送内容 ソマチッドの正体

「帯津良一の達者で生きる」7/6放送内容 ソマチッドの正体

「RSS Podcasting」と書かれた赤いバナーをiTunesなどのソフト上にドラッグ&ドロップすると番組が登録され、 そのソフト立ち上げるたびに自動更新された番組を楽しむことができます。

7/7の放送は、「ソマチッドの正体」

今日は七夕です。
今日はソマチッドを発見したガストン・ネサンの話。

ソマチッドとは血液中にあって壊れない微小物体。
ガストン・ネサンが自ら開発した顕微鏡で発見した。

ソマチッドは球体をしていて
変形をしてしまうと病気になるという。

いったい、ソマチッドは何なのかを
聞いてみたいと思い、ネサンを訪ねることにした。

正月にカナダ、ケベックに向かった。
長い旅となった。
最後は空港から雪の中2時間タクシーを走らせた。

到着すると応接間に通されネサンが現れた。

帯津先生は「ソマチッドは氣が物質化したものなのか?」と聞いてみたら
ネサンは「そうです。」と答えた。

その後、ネサンが「あなたのソマチッドを見てみましょう」と言って
帯津先生の耳から血液を少量とって
顕微鏡を通し、
プロジェクターに映し出してくれた。

それは、正に天の川だった。
美しくチカチカと輝いているのがソマチッド。

人体は小宇宙というのは
これを見た人が言ったのではないかと思うほどだった。

大いに満足して帰国した。

人は皆、たった一人で大宇宙=虚空からやって来て
また、たった一人で虚空に帰る旅人。

旅人は旅情を抱いて生きている。

旅情とは、ときめきと寂しさが入り混じった思い。
基本は悲しみ。
悲しみを抱いて生きている。

互いに悲しみを敬い合うのが
人生を良くし、
医療を良くしていくこと。

人が亡くなるときは、
虚空に帰るとき。

虚空はふるさとのような物。

なので、亡くなった人は皆
すっと、顔が良くなる。

数分の人もいれば
一時間くらいかかる人もいる。

帯津先生はそのお顔がすっと良くなるまで
患者さんを見守る。

若い頃からずっとそうして来たが
ここ数年は講演など外にいる事が多くなり
なかなかそういった場にいられなくなり
寂しい。

これからは機会を見つけて行きたいと思う。


詳しくは番組を聞いてみてくださいね。


7/7 9:15~ (再放送 7/10 9:15~)
PCではこちら、http://842fm.west-tokyo.co.jp/
(スマホは無料アプリTunein Radioをダウンロードして)