FM西東京84.2コミュニティラジオ

QCQ
総持寺
おかげさまで20周年!
三幸自動車
思い出ラジオ
バナー広告募集中!
ネパール大震災の体験を小平市の大学生登山家が語る

ネパール大震災の体験を小平市の大学生登山家が語る

「RSS Podcasting」と書かれた赤いバナーをiTunesなどのソフト上にドラッグ&ドロップすると番組が登録され、 そのソフト立ち上げるたびに自動更新された番組を楽しむことができます。

 6月17日(水)午後5時30分~5時40分

第24回 ゲスト:東京経済学2年生で登山家の伊藤伴くん(小平市在住)


************************

■■■オープニング■■■

ほぼ全編を東村山市で撮影した映画「あん」を見ての感想を藤江が語りました。

樹木希林さんや永瀬正敏さんら豪華な出演者もさることながら、同市にある国立のハンセン病療養所「多磨全生園」と物語の関わり、そして何より同市の美しい景色が心に残る作品だったとのこと。

ハンセン病への理解という視点だけではなく、映像美や出演者の演技、異なる人同士が関わって行くことの難しさや喜び、そういった意味でも、見る価値のある作品に仕上がっているようです。

ご興味のある方はお近くの映画館にてぜひ!

→「あん」上映映画館一覧(外部リンク)
http://an-movie.com/theater/

************************

■■■ゲストコーナー■■■

24回目のゲストは、小平市在住の大学2年生・伊藤伴さん。
今年4月からエベレスト登頂の日本最年少記録に挑戦中だったが、4月25日のネパール史上最大の死者(8500人以上)を出した大震災に被災し、このほど帰国しました。

11536847_604727556336277_536457042_n.jpg

現地に入ってから5300メートル地点にあるベースキャンプに到着したのが23日。ここまで登るのに約2週間かかったといいます。
25日、そのベースキャンプで地震は起りました。
ベースキャンプ自体も氷河の上にあったので、最初は「氷河が崩れるのか?」といった最悪の事態も頭が過ったそうです。

「その後雪崩が起き、爆風の中心が僕のわずか30メートル横を通り過ぎて行きました。とっさに近くにあった崖の裏側に隠れて何をしのぎましたが、同ベースキャンプでは約20人が亡くなる大きな被害がでてしまいました」と伊藤さん。

現地の状況などから複雑な思いを抱えつつ、下山が決まった時は非常に悔しい思いをしたそうです。
首都のカトマンズに下りてからは、しばらくボランティアをして過ごしました。

記録に関しては、現在日本のエベレスト登頂最年少記録が20歳。伊藤さんは12月に20日を迎えるため、まだしばらくの猶予があります。ですが、「エベレストにアタックできるのは春か秋。資金も800万円かかるし......」。と伊藤さん。資金面もさることながら、体力の調整やモチベーションを上げていきながら、数カ月〜数年のロングスパンで考えるのがエベレスト登頂。現実的な実現性の難しさも滲ませていました。

ですが、「今後もエベレスト登頂にはチャレンジしたい」と意欲をのぞかせるとともに、ネパールのチャリティ活動にも積極的に関わっていきたいとのこと。伊藤さんの目は、すでに次のステージを見据えているようでした。

■東京経済大学(外部リンク)
http://www.tku.ac.jp/

■タウン通信 伊藤伴さん記事
http://www.town-t.com/article.php?i=652