FM西東京84.2コミュニティラジオ

バナー広告募集中!
思い出ラジオ
こだわりの地ソースで作る

こだわりの地ソースで作る"広島スタイル"のお好み焼き店

「RSS Podcasting」と書かれた赤いバナーをiTunesなどのソフト上にドラッグ&ドロップすると番組が登録され、 そのソフト立ち上げるたびに自動更新された番組を楽しむことができます。

放送日:12月9日(水)17:30~17:40
パーソナリティ:堀部晨(タウン通信)/藤江亮介(多摩六都科学館)
ゲスト:千葉成平(鯉城)

北多摩地域のとれたてほくほくの情報を発信する番組「ほくほくタイムズ」。今回のゲストは、田無駅南口にある「広島お好み焼き 鉄板焼 鯉城 RIJO(りじょう)」店主の千葉成平(ちば・なるひら)さんです。

12336274_669142549894777_18129148_n.jpg

同店で提供しているお好み焼きは、具材をミルフィーユ状にサンドし、店主自らが焼き上げるオーソドックスな「広島スタイル」。広島では「オタフクソース」並のシェアを誇る地ソース「カープソース」が味の決め手になっています。

このソースを製造しているのは、戦国時代の武将・毛利元就の末裔が経営している毛利醸造株式会社。製造元から直接このソースを仕入れているのは、都内ではたったの5軒しかないそうで、鯉城はそのうちのひとつ。東京にいながらにして、本格的な「広島スタイル」のお好み焼きが味わえます。

広島カープファンをはじめ、野球好きにも愛されている同店。常連客には「オリックスのファンが足りてない」けど、その他の球団のファンは「まんべんなくそろってます」と千葉さん。大好きなチームを応援しながら食べるお好み焼きもおいしそうです!

今年は「開業6年目の挑戦!」と題して、広島産の牡蠣を使った限定メニューにも力を入れているそう。現在、FM西東京のサイトで、同店だけで使える総額10万円分の商品券も"山分け"プレゼントしているので、この機会に商品券をゲットして、いろんなメニューを食べ比べてみてはいかがでしょうか。

▼プレゼント情報
http://842fm.west-tokyo.co.jp/fm842/listenerpre/2015/12/128yougot.shtml

▼ホームページ
http://naruc4.wix.com/okonomiyakirijo


(文/根岸達朗)