FM西東京84.2コミュニティラジオ

The Japan Amateur Radio League
ジャザサイズ西東京/Jazzercise West-Tokyo
第163回 分身ロボットを使って孤独を解消~吉藤オリィさんとの対談

第163回 分身ロボットを使って孤独を解消~吉藤オリィさんとの対談

「RSS Podcasting」と書かれた赤いバナーをiTunesなどのソフト上にドラッグ&ドロップすると番組が登録され、 そのソフト立ち上げるたびに自動更新された番組を楽しむことができます。

第163回 分身ロボットを使って孤独を解消~吉藤オリィさんとの対談

月刊ハイゲンキ3月号では、ロボットコミュニケーターの吉藤オリィさんと対談しました。

吉藤さんは28歳。小学校から中学校にかけて不登校になり、孤独がいかにつらいかを自ら体験しました。

その体験を生かして、OriHimeという分身ロボットを開発しました。

OriHimeは、寝た切りの人や家から出られない人、入院中の人が、遠隔操作できるようになっています。

カメラやマイクがついているので、自分の目で見ているようにまわりが見えるし、そばの人とも話ができます。

手がついているので、手を上げたり下げたり、パタパタしたりして感情を表現することもできます。

たくさんの人が、自分や家族の孤独を解消するため、OriHimeを活用しています。