FM西東京84.2コミュニティラジオ

バナー広告募集中!
思い出ラジオ
『食・農・森』(食べる・作る・育む)~東大生態調和農学機構から 17年6月13日 第23回のゲストは 吉田修一郎教授です!

『食・農・森』(食べる・作る・育む)~東大生態調和農学機構から 17年6月13日 第23回のゲストは 吉田修一郎教授です!

「RSS Podcasting」と書かれた赤いバナーをiTunesなどのソフト上にドラッグ&ドロップすると番組が登録され、 そのソフト立ち上げるたびに自動更新された番組を楽しむことができます。

『食・農・森』(食べる・作る・育む)~東大生態調和農学機構から  第23回放送

田無駅から徒歩10分もかからないところに
30ヘクタール以上の耕地や森林が拡がる東大生態調和農学機構

ここでは食料生産の効率化だけでなく、
地球環境を改善し私たち人類の生存を持続させるための
研究が行われています。

先端研究・教育の施設で、かつ一般開放もされているこの機構について、
現場の先生方や職員の皆さんが登場してお話をしてくださいます。

23回目の放送となる今回は、東京大学 大学院農学生命科学研究科 生物・環境工学専攻
准教授 吉田修一郎教授にお越しいただき、お話を伺いました。

170612_3.jpg

大学では、前回ご出演いただいた溝口先生と同じく「土壌物理」を学ばれた吉田先生。

卒業後は国の農業試験場に就職、15年間新潟で過ごされたそう。
その後つくばに転勤となり、大学で教鞭をとるようになられました。

農業試験場では「粘着土」の土地で、水田、畑と様々な環境に対応し、農業をうまく行える方法について研究を重ねられたそう。
放送内では現在の研究内容について、また日ごろ接する学生たちへの想いもお話いただいています。


詳しいお話はぜひポッドキャストでお楽しみください。


170612_2.jpg

タグ:食・農・森 吉田修一郎 東大生態調和農学機構 東大農場