FM西東京84.2コミュニティラジオ

QCQ
総持寺
おかげさまで20周年!
三幸自動車
思い出ラジオ
バナー広告募集中!
【街角レポート】6/12(火)父の日目前。イオンモールレポート。by青木崇

【街角レポート】6/12(火)父の日目前。イオンモールレポート。by青木崇

どうも、油性ペンです。


毎月第二火曜日はイオンモール東久留米からのレポートをお届けしております。

今週末は父の日ということで、今回は父の日のプレゼント選びにぴったりのショップをご紹介。


まずは、


20180612(1).jpg
チャオパニックティピー


自然体で自分達らしいライフスタイルを大切にしたい、そんな方たちに向けたファミリーブランド。

素材と着心地にこだわり、遊び心をプラスしたオリジナルアイテムに加え、高感度なトレンドカジュアルアイテムを国内外からセレクトしています。

こちらのお店、自分もプライベートでお世話になっております。

今回ご紹介した商品は、


20180612(2).jpg
リネンレーヨンオープンカラーシャツ


麻とレーヨンを使用している、機能性とお洒落を兼ね備えたシャツです。

麻を使っているので涼しく、レーヨンのドレープ感(優美さ)がおすすめポイント。

色も使いやすく柔らかさもあるので父の日のプレゼントにぴったりです。

お次の商品は、


20180612(12).jpg
クールマックスイージーパンツ

店内人気ナンバーワンのパンツで、履くとすっきりスリムに見える足長効果のあるパンツです。

生地が涼感を得られる素材で出来ていて、暑い日にもぴったりですね。

そして最後は、


20180612(4).jpg
おとうさんはウルトラマンコラボTシャツ

大人気の絵本『お父さんはウルトラマン』とコラボしたTシャツ。

大人用と子供用があり、ダダやジャミラなど、レアな怪獣のTシャツも用意してありますよ!


お父さんから子供まで、お洋服に困ったら是非!!


20180612(5).jpg


そして二店舗目は、


20180612(6).jpg
ティージーシー

T.G.Cとは、Tokyo Glass Campany(東京グラスカンパニー)の略称で、その名の通り店内には様々な種類のメガネが用意されています。

店内では無料で視力検査を受けることも出来るので、自分に合ったメガネを選ぶことが出来ます。

そんな中、父の日にぴったりの商品をご紹介。


20180612(7).jpg
コレカルフレーム商品

軽くて軟らかい一品で、耳にかけるテンプルという部分も柔らかいため、長時間かけても疲れにくい商品です。

毎週新作が入荷されるということで、5000円という価格からは考えられないような洗練されたデザインのものが並んでいます。

お次は、


20180612(8).jpg
丸型フレーム商品

最近丸い形のフレームを使ったメガネが流行っているそうで、もちろんT.G.Cにも豊富な商品が揃っています。

さらに丸型フレームなだけでなく、ブリッジ(レンズとレンズの間のつなぎの部分)やテンプルの部分がメタル素材で出来ているものも選ぶことが出来ますよ!

そして最後は、


20180612(9).jpg
クリップオンサングラス

磁石でサングラスを着けられるメガネ。

普通のメガネとして使用することも、サングラスとして使用することも、さらに二種類のフレームが付いてくるので気分でカラーを選ぶことも出来るんです!

通常カラーレンズは日にちがかかるのですが、こちらは上からサングラスを取り付けるので即日で仕上がります!!


年配の方には必須と言っても過言ではないメガネ。

お洒落なお父さんに、メガネのプレゼントはいかがでしょうか?


20180612(10).jpg




スタジオに戻りますと、柿ピーと牛乳がありました。

どうやらアシスタントのシノハラ君が、「一緒に食べると美味しいんですよ」と息巻いて持ってきたそうです。


20180612(11).jpg
確かにあまりしない食べ方なので少しわくわくしながら口に運び・・・


想像通りの味でした。


リスナーの皆さん、牛乳と柿ピーを一緒に口に入れた味です、そのまんまです。

そりゃあ柿ピーは美味しいですし牛乳も美味しいです。喧嘩するでもなくマッチするわけでもなく。

本当にそのまんまの味でした。

シノハラ君、次回期待しています。




今回ご協力いただいたお店



チャオパニックティピー

http://www.aeon.jp/sc/higashikurume/shop/store/fashion-104.html


ティージーシー

http://www.aeon.jp/sc/higashikurume/shop/store/goods-239.html

by青木崇