FM西東京84.2コミュニティラジオ

QCQ
総持寺
バナー広告募集中!
三幸自動車
思い出ラジオ
「藤田紘一郎の元気まるまる、お腹の話」4/12放送内容 水のクラスターって?

「藤田紘一郎の元気まるまる、お腹の話」4/12放送内容 水のクラスターって?

「RSS Podcasting」と書かれた赤いバナーをiTunesなどのソフト上にドラッグ&ドロップすると番組が登録され、 そのソフト立ち上げるたびに自動更新された番組を楽しむことができます。


4/12の放送は「水のクラスター」

水にモーツァルトの音楽を聞かせると美しい形のクラスター(結晶)になり、
馬鹿やろうという言葉を聞かせると汚い形のクラスターになるという説明を聞いたことがあるが
水に日本語がわかるかどうかといえば、
科学的にはありえない話しとなる。

水はH20で分子量18のものとされているが
これだとー100℃で凍り
-80℃で沸騰をする。

なので水はH20ではなく、
水はH20が5つか6つ重なって固まった水分子。

ではクラスターはどうやって出来るのか。

クラスターをあれこれと調べてみたが
クラスターの値と水そのものの良さとは何ら相関性はなく、
まだわからない事がたくさんの未知の物ということがわかった。

クラスターの形も整ったからといって体に良い水かどうかも不明な状況。

水とは不思議なもので、
水以外には以下の様子のものはない。
・分子が手をつなぐもの
・液体より固体の方が軽いもの
・なんでも溶かし込むもの
・一旦温めると冷めにくいもの

詳しくは、番組を聞いてみてくださいね。


4/12 9:50~ (再放送 4/13 9:15~)
PCではこちら、http://842fm.west-tokyo.co.jp/
(スマホは無料アプリTunein Radioをダウンロードして)

タグ:藤田紘一郎 回虫博士 水 腸内細菌