FM西東京84.2コミュニティラジオ

バナー広告募集中!
思い出ラジオ
「帯津良一の達者で生きる」6/25放送内容 花鳥風月を愛でるのはあの世に行ってから

「帯津良一の達者で生きる」6/25放送内容 花鳥風月を愛でるのはあの世に行ってから

「RSS Podcasting」と書かれた赤いバナーをiTunesなどのソフト上にドラッグ&ドロップすると番組が登録され、 そのソフト立ち上げるたびに自動更新された番組を楽しむことができます。

6/25の放送は、「花鳥風月を愛でるのはあの世に行ってから」

がんは心の持ちようで症状が良くなったりわるくなったりする。
川越の病院がスタートしたころ、
若手の心療内科の先生がベテランの心理療法士を二人連れて、チームとなって治療を行う事になった。
ところが何をどうやっていくかなかなか定まらなかった。

当時がんの診療治療家として名を成していたのが
カールサイモントンだが、
ロサンジェルス在住なため、彼に協力を頼むのは現実的ではない。
そこで、サイモントンを日本に紹介した近藤裕に協力を頼むことに。

しばらく週に2回は帯津病院でスーパーバイザーとして活躍。

年齢を重ねつつ、引退の時が来た時、
東京に居を移すというので
老後はハワイの方がいいのではないかと口にしたとたん

「老後なんてない! 老後は死んでからだ!」

先生も花鳥風月を愛でる老後というのはない。
この世でまだまだ興味あるものがたくさんあるので
どんどんやって、やり残したらあの世に持ち越せばいいと思ってやっている。

体力も79歳、衰えず。
酒も変わらず。
色事もなくなるという人もいるが
なにも若い頃と同じに考えなくてもいいわけで
老け込む事は無い。

詳しくは番組を聞いてみてくださいね。

6/25 9:15~ (再放送 6/28 9:15~)
PCではこちら、http://842fm.west-tokyo.co.jp/
(スマホは無料アプリTunein Radioをダウンロードして)