FM西東京84.2コミュニティラジオ

バナー広告募集中!
思い出ラジオ
「安保博士の謎解き免疫塾」9/23放送内容 長年の鼻炎

「安保博士の謎解き免疫塾」9/23放送内容 長年の鼻炎

「RSS Podcasting」と書かれた赤いバナーをiTunesなどのソフト上にドラッグ&ドロップすると番組が登録され、 そのソフト立ち上げるたびに自動更新された番組を楽しむことができます。

9/23の放送は、「長年の鼻炎」

30代後半の男性から。

20代後半からずっと鼻炎に悩まされてきた。
梅雨から夏の終わりまでが特にひどくなる。
点鼻薬を使うと少し楽になる。

耳鼻科からは長い付き合いになると言われた。
この鼻炎は一生続くのでしょうか?

仕事は残業が遅くまであり
1時に眠り6時に起きる生活をしている。

強いストレスにさらされると
血管が収縮して粘膜が血流障害を起こして乾いてくる。
すると体は嫌なので、副交感神経反射で粘膜が腫れて鼻炎となる。

辛い目にあっているから起こる反応。

人によっては便秘だったり、下痢だったり、鼻づまりだったり
遺伝的傾向によって症状が出る場所が違うが
いずれも
あってはいけない生活を直し、体をいたわる生活にすれば治る。

それらは身を守る警告のような反応であって、
体の警告を無視し続けている
潰瘍性大腸炎やがんなどになってしまう。

病気の決定打から身も守る反応と捉える。

鍼灸治療師の内野孝明死からは

現代人の鼻炎の殆どはアレルギー性。

アレルギー性鼻炎は食生活や環境改善が欠かせない。

猫背、前かがみのかどうか鏡でチェックしてみる
骨格のゆがみは鼻へ通じる神経に影響を及ぼす。

鼻へのつぼは顔に沢山あるので頻繁に押す事を勧める。
(放送で細かな場所を説明)
お灸も足の三里などで胃腸を整える。
柱の過度に寄りかかって背中を気持ちのいい程度に刺激する。

砂糖や人工甘味料の多いもの
添加物が多いものは
カルシウム不足を招いたり、
便秘を招いたりする。


詳しくは番組を聞いてみてくださいね。

9/16 9:15~ (再放送 9/20 9:00~)
PCではこちら、http://842fm.west-tokyo.co.jp/
(スマホは無料アプリTunein Radioをダウンロードして)