FM西東京84.2コミュニティラジオ

バナー広告募集中!
思い出ラジオ
「安保博士の謎解き免疫塾」9/30

「安保博士の謎解き免疫塾」9/30

「RSS Podcasting」と書かれた赤いバナーをiTunesなどのソフト上にドラッグ&ドロップすると番組が登録され、 そのソフト立ち上げるたびに自動更新された番組を楽しむことができます。

9/30の放送は、「栄養ドリンク・年代ごとの体の変化」

20代の社員がドリンク剤を頼りに仕事をしているがいいのか?

ドリンク剤は、それぞれの製薬会社が得意な有効成分と体に良さそうなモノを全部いれ、
体をシャキッとさせるためにカフェインを添加して作っている。

基本的には過酷な生き方の改善に目を向けないと何の解決にもならない。
ドリンク剤に頼っていてはいけない。

途中で病気になってしまう。

忙しく働く事はわが身を破滅に導く。
ゆとりをもって、次の日も体調万全で働けたら幸せ。
その方がもっと良い仕事が出来る。

未熟な若者が限界まで頑張るより
余裕を持って働いた方がいいのだと年配者がアドバイスをする。

日本は勤勉や頑張りが高く評価されがちな社会だが
身の破滅を導く。

30代の女性。
20代の頃より疲れると肌にトラブルが出やすくなった。
体の免疫などの変化?

50代ではつらつとした人や
80代で60、70は青二才というくらいの人もいて
人それぞれで
30代だから、50代だから年をとったというのは当てはまらない。

20代や30代で肌にトラブルが起きているのは
普段の生活が肌に迷惑をかけるような生き方を選んでいるから。


鍼灸治療師の内野孝明氏からは。。。

主婦へのアンケートで
ご主人が疲れたときに何をしますかというので
1位がドリンク剤を飲ませるという答え。

元気になるようなイメージがあるが、
カフェインの覚醒作用が大きい。

ドリンク剤には常習性や化学薬品による影響などがあり、
ビタミンやミネラルの補給であれば
錠剤や粉末のサプリメントの方が安価で成分がしっかり入っている。

ドリンク剤に頼るような生き方はいつか体を壊してしまう。

現代人の70%が野菜不足を自覚。

青汁や野菜ジュースを飲む人が増えている。
ドリンク剤よりはお勧め。

自分で野菜ジュースを作るのなら5種類以上の野菜を入れる。

あくまで、ジュースは補助の役割。
新鮮な野菜を良くかんで食べることが優先。


詳しくは番組を聞いてみてくださいね。

9/30 9:15~ (再放送 10/04 9:00~)
PCではこちら、http://842fm.west-tokyo.co.jp/
(スマホは無料アプリTunein Radioをダウンロードして)