FM西東京84.2コミュニティラジオ

バナー広告募集中!
思い出ラジオ
「帯津良一の達者で生きる」12/31放送内容 2016年への抱負

「帯津良一の達者で生きる」12/31放送内容 2016年への抱負

「RSS Podcasting」と書かれた赤いバナーをiTunesなどのソフト上にドラッグ&ドロップすると番組が登録され、 そのソフト立ち上げるたびに自動更新された番組を楽しむことができます。

12/31の放送は、「2016年への抱負」

いよいよ大晦日。
今年の締めくくりに来年の抱負を話す。

昨年はホリスティック医学協会の会長を辞めて
名誉会長に就任した。

協会自体は創立28年。
帯津先生は2代目会長として18年間やった。

自分はどちらかと言えば会長には向いていない性格。
会を発展させるためにリーダーシップを発揮するようなタイプではない。

問題意識が少なく、あるがままを受け入れて良いと思ってしまう。
なので協会に迷惑をかけたのではないかと危惧をしていた。

貢献をしたとすれば
ホリスティック医学を世間に知らしめたこと。

講演を1年間に100回くらい。
執筆は18年間に230冊。

1年間にすると12.8冊。
丁度1ケ月に1冊出している事にあたる。

月刊帯津と呼ばれたりしたが
当たっている。

会長最後の講演で
ダグラス・マッカーサーの言葉を引用して終わりとした。
「Old soldiers never die, they just fade away.」
(老兵は死なず、ただ消え去るのみ)

これからはホリスティック医学の追求をして深めていく。
それには西洋医学をしっかりやること。
だからといって外科をやればいいというものじゃなく、
人間の尊厳をずたずたにするような医療ではなく、
しっかりとサポート出来る体制を作りたい。

1年や2年では終わらない事だが
足がかりになるよう
スタートラインの年としたい。

詳しくは番組を聞いてみてくださいね。

12/31 9:15~ (再放送 01/03 9:15~)
PCではこちら、http://842fm.west-tokyo.co.jp/
(スマホは無料アプリTunein Radioをダウンロードして)

タグ:帯津良一 ホリスティック医学