FM西東京84.2コミュニティラジオ

バナー広告募集中!
思い出ラジオ
「帯津良一の達者で生きる」3/31放送内容 戦略的直感

「帯津良一の達者で生きる」3/31放送内容 戦略的直感

「RSS Podcasting」と書かれた赤いバナーをiTunesなどのソフト上にドラッグ&ドロップすると番組が登録され、 そのソフト立ち上げるたびに自動更新された番組を楽しむことができます。

3/31の放送は、「戦略的直感」

帯津先生は毎年自分のテーマを決めている。

年の始めに決めるわけではなく、
はっ!とした時にひらめいて決める。

昨年は「歓喜と創造」ベルクソン。
大いなるときめきを感じる時に自己実現は起きる。

今年は「戦略的直感」
人はなぜ治るのかを考える時
今の医療だと西洋医学が中心で
体を治す医学となっている。

ところがそれだけではがんのような体まるごとが関係している病の場合は足りない。
心や命のエネルギーを上げる癒しの治療が必要となってくる。

治しの医療と癒しの医療
二つをどう統合していくのかが必要。

もう一つ、
医療者と看者が一体になる効果が必要。
それには戦略が必要。

岡崎久彦さんとかつて対談をしたことがある。
外交官らしい思慮深い人。
ロングセラーの著書に「戦略的思考とは何か」。

戦う時にはかつての同じような戦例を整理して
それを一度忘れて平常心になる。
(平常心というのは落ち着いた心のことではなく、
どんな状況にも対応出きる開かれた心の事)

そしてその平常心で戦う場を一瞥すると
戦略的直感によってどうするべきかが閃く。

そのような戦略的直感によって
様々なエポックメイキングなことが起きている。

コペルニクスの地動説
トーマスクーンのパラダイムシフト
ビルゲイツの成功
グーグルの成功などなど

医学も人はなぜ治るのかを考える時
戦略的直感が必要とされる。

医療者もそういう才能をもっていないといけない。
頭はいいけれど
戦略的直感がないと医療者としてダメと言われてしまう。

詳しくは番組を聞いてみてくださいね。

3/31 9:15~ (再放送 4/3 9:15~)
PCではこちら、http://842fm.west-tokyo.co.jp/
(スマホは無料アプリTunein Radioをダウンロードして)