FM西東京84.2コミュニティラジオ

バナー広告募集中!
思い出ラジオ
「白川太郎の実践!治るをあきらめない!」3/6放送内容 がんの遺伝子治療

「白川太郎の実践!治るをあきらめない!」3/6放送内容 がんの遺伝子治療

「RSS Podcasting」と書かれた赤いバナーをiTunesなどのソフト上にドラッグ&ドロップすると番組が登録され、 そのソフト立ち上げるたびに自動更新された番組を楽しむことができます。

3/6の放送は「がんの遺伝子治療」

統合医療で最初はがんの治療をした。

それまである会社で社長をしていた。
がんを見つける検査は、それまではPET CT検査が最も早く的確な検査だったが
もっとずっと早期に遺伝子検査で発見できる事がわかった。

保険適用でなく、高額なため
ロータリークラブやライオンズクラブをまわって
検査を勧めていた。

最初は評判が良かったが
検査だけで治療は病院を紹介するだけのものだったので
「白川君、検査を受けなければがんも知らず、
楽しく生きていけるかもしれないのに
検査でがんという秘密をあばいて、
がんで死ぬかもしれないという恐怖をずーっと味あわせ続ける事になるんだよ。
そんな検査に高いお金を払う馬鹿がいるのか。」と言われ
治療もセットでなければならないとわかり
がんの治療を始めることとなった。

どんな治療が望ましいのか調べてみると
抗がん剤がほとんど有効に働いていない事がわかり
他に、抗がん剤より有効なものがたくさんあることがわかって来た。

遺伝子治療など他にもたくさんある。

患者が求めているものは助かるということ。

西洋医療で優れているもの
病院ではやっていないが民間のもので能力としては優れたもの。

良い所どりで組み合わせて
治療をすれば成績は上がるのではないかということで
遺伝子治療、免疫治療、温熱治療、ある種のサプリメントを組み合わせた。

すると1+1+1+1...が4ではなく
100とか1000という劇的効果を発揮していくことがわかり
率先してがんの統合的医療をやるクリニックをスタートすることとなった。

やり方は、先ず患者さんの体にがん細胞がどのくらいあるのかを確認する。
兎と亀の例えのように
倍々の速度で細胞分裂をして増え続けているがん細胞に
治療が追い付くのには
ずっと早く走っている兎を眠らせるのと同じように
がん細胞の分裂を止める必要がある。

遺伝子治療薬を使う。

がん細胞に分裂を止める遺伝子を送り込み
がんの細胞が増えるスピードがくんと減ったところに
じっくりと色んな統合医療的な治療にとりかかり
がんを全滅させるチャンスが巡って来る。

あるアメリカ人の女性の遺伝子を取り出し
ベクターという運び屋に組み込み
ある種のウィルスにつなぐ。

注射でそれを体内に入れると
ウィルスが遺伝子をはこび
がん細胞にくっついて分裂を止める遺伝子を入れ込む。

拒否反応などはほとんど起きず
風邪のウィルスを使うので
まんべんなく全身に行き渡る。

詳しくは番組を聞いて下さい。


3/6 9:50~ (再放送 3/7 9:15~ )
PCではこちら、http://842fm.west-tokyo.co.jp/
(スマホは無料アプリTunein Radioをダウンロードして)