FM西東京84.2コミュニティラジオ

バナー広告募集中!
思い出ラジオ
 「白川太郎の、実践!治るをあきらめない!」6/12放送内容 「肝臓と腎臓が弱いとアトピー性皮膚炎になる?」

「白川太郎の、実践!治るをあきらめない!」6/12放送内容 「肝臓と腎臓が弱いとアトピー性皮膚炎になる?」

「RSS Podcasting」と書かれた赤いバナーをiTunesなどのソフト上にドラッグ&ドロップすると番組が登録され、 そのソフト立ち上げるたびに自動更新された番組を楽しむことができます。

6/12の放送は「肝臓と腎臓が弱いとアトピー性皮膚炎になる?」

西洋医学ではアトピー性皮膚炎はアレルギー反応の一つと考えられている。

しかしながら
東洋医学では肝臓と腎臓機能の弱まりが原因の一つと捉えている。

普通の人は肝臓と腎臓がアレルギーとなる抗原を処理して出してしまう。
ところが、アトピー性皮膚炎の人は肝臓と腎臓が弱まり、
利尿がかからず免疫系が暴れだすと考えられている。

つまり、肝臓と腎臓の機能が強化されれば
アレルギーの症状を取ることが出来るということ。

西洋医学の血液検査をしても数値には現れない程度、
まだ数値には異常は見受けられないが、
肝臓も腎臓もくたびれている状態。

異常の手前の状態。

普段の食べ物に気をつけて肝臓や腎臓に負担のない生活にすること。
フルーツ、卵、しじみなどが有効。

卵は必須アミノ酸が都合よく入っている。
アトピー性皮膚炎の人は卵を毛嫌いする傾向にあるが
食べて反応がみられなければたんぱく質として悪くない。
肝臓機能を上げる効果を期待できる。

飲酒は、肝臓機能を低下させる因子でもあるので
すぐに赤くなるような人は
週に一度程度適量にして飲むくらいに。

アレルギー疾患はメンタルが及ぼす影響が大きいので
あれもダメこれもダメと制限をすることで悪化する人もいるので
ご褒美のように楽しむ事もあった方がいい。


詳しくは番組を聞いて下さいね。

6/12 9:50~ (再放送 6/13 9:15~ )
PCではこちら、http://842fm.west-tokyo.co.jp/
(スマホは無料アプリTunein Radioをダウンロードして)

タグ:白川太郎