FM西東京84.2コミュニティラジオ

バナー広告募集中!
思い出ラジオ
「安保博士の謎解き免疫塾」6/8

「安保博士の謎解き免疫塾」6/8

「RSS Podcasting」と書かれた赤いバナーをiTunesなどのソフト上にドラッグ&ドロップすると番組が登録され、 そのソフト立ち上げるたびに自動更新された番組を楽しむことができます。


【明日の予告】
6/8の放送は、「少食の害 食べても太れない」

60代の方からの相談。

年と共に少食に。
朝は味噌汁、果物、お茶くらい
昼も夜も軽めで丁度よい。

栄養失調にはならないのか?

食べ過ぎの害はよく言われるが
少食の害は無いのか?

安保先生からは...

年をとると共にエネルギーの作り方が変って行く。
ミトコンドリアにシフトしていく。

子どもの頃は糖分を分解してエネルギーを生成するので
エネルギー効率が悪く、
10時のおやつ、3時のおやつとすぐに補給が必要となる。

大人は3食でいい時期、
60代過ぎると少食が健康法になる。

この人のようにゆっくり少食に自然に移行すると
栄養失調にもならない。健康維持できる。

低体温の人だと栄養の転換がうまく行かなくて
栄養失調になる。

体の不調がない人は少食で充分。
慣れてくると2食や1食で良くなる。

少食が生理的にプラスになるのは60代以降。
それまではそれなりにたくさん食べて少し小太りくらいで
ばりばりと仕事をする時期。

あまり無理して青白いとか疲れが残る元気がないのは行きすぎ

体温が維持できればかなり少食でも健康維持できる。
元気がなく不活発で体温が落ちると病気の傾向が出る。

脇下で36.5℃。±0.5くらいの範囲ならば健康維持できる。

30代男性から相談。

170cm 50㎏

食べても太らない。
神経質な性格。胃痛、風邪引きやすく頭痛も。

健康のためにはもう少し太った方がいいのか?

安保先生からは...

体形は遺伝的な傾向がある。
この体形でたくさん食べたら具合悪くなる。

体のことは体に任せる。現状でよい。
ただし、体調の不良が出てきたら体を鍛えて筋力をつけた方がよい。
やせっぽちでも健康な人はいくらでもいる。
体を鍛えていればやせっぽちでも健康。

鍼灸治療師の内野孝明氏からは...

少食健康法は世の中の健康法で一番難しい。
少食はただ少なく食べれば良いのではなく
少食になればなるほどその質が大事となる。

老人の栄養失調が増えている。
同じようなものばかり食べて栄養が不足している状態。

生きたもの。全体を食べることが大事。

玄米、豆、生野菜など食べる直前まで生きているもの。
めざしなど頭から尻尾まで全体を食べられるもの。

腹八分目に医者要らず
腹六分目に疲れ知らず
腹四分目に老い知らず

40代~70代に少食健康法にチャレンジするのが苦しくなく無理のない時期。

一方、食べても太れない人がいる。
時々テレビで見かける大食いの人の中には
腸内細菌の善玉菌が多く、消化時間が大変早い人がいる。

詳しくは番組を聞いてみてくださいね。

6/8 9:15~ (再放送 6/12 9:00~)
PCではこちら、http://842fm.west-tokyo.co.jp/
(スマホは無料アプリTunein Radioをダウンロードして)