FM西東京84.2コミュニティラジオ

QCQ
総持寺
おかげさまで20周年!
三幸自動車
思い出ラジオ
バナー広告募集中!
「帯津良一の達者で生きる」9/22放送内容 「帯津流養生訓:肉を食うのか食わないのか」 

「帯津良一の達者で生きる」9/22放送内容 「帯津流養生訓:肉を食うのか食わないのか」 

「RSS Podcasting」と書かれた赤いバナーをiTunesなどのソフト上にドラッグ&ドロップすると番組が登録され、 そのソフト立ち上げるたびに自動更新された番組を楽しむことができます。

「帯津流養生訓:肉を食うのか食わないのか」

好きなものを少しだけ食べるのは体に良い。
大いに喜んで食べる。
免疫力も自然治癒力も上がる。

ただし、沢山食べるのは胃腸に負担になるので良くない。

各論としては豆腐を褒めたり、
肉食も時々は食べなさいとしている。

食べ過ぎない程度に美味しさを味わえればよいとしている。

癌には、玄米菜食が良いと一般的には言われている。
しかし、一概には言い切れないものがある。

先生のモンゴルに住む友人。
102歳のアルタンさんは
「肉は私の石炭。酒は私のガソリン」と言って
若い頃より旺盛に食べ飲みして来た。

明らかに、アルタンさんにとっては
肉は悪くない。

帯津先生は、肉はあまり食べない。
カレーや煮物炒め物などに入っている肉も
除けている。

これは、健康というのではなく、
好みの問題。

肉で好きなのは上等のステーキだけ。
ウィスキーの水割りで食べるのが大好き。

これも、年にせいぜい5~6回食べるくらい。

しゃぶしゃぶもすき焼きも殆ど肉には手を出さない。

なので、丁度、貝原の養生訓の実践となっている。
「肉もまたよし」


詳しくは番組を聞いてみてくださいね。


9/22 9:15~ (再放送 9/25 9:15~)
PCではこちら、http://842fm.west-tokyo.co.jp/
(スマホは無料アプリTunein Radioをダウンロードして)