FM西東京84.2コミュニティラジオ

QCQ
総持寺
バナー広告募集中!
三幸自動車
思い出ラジオ
「石原新菜の温め美人レディースクリニック」3/27放送内容

「石原新菜の温め美人レディースクリニック」3/27放送内容

「RSS Podcasting」と書かれた赤いバナーをiTunesなどのソフト上にドラッグ&ドロップすると番組が登録され、 そのソフト立ち上げるたびに自動更新された番組を楽しむことができます。

3/27の放送は、「子どもの発熱、冷やすか、温めるか」

三歳男児の母親から。
子どもが高熱を出した時、温めたらいいのか、冷やしたらいいのか。
解熱剤を使わない対処方法を知りたい。

40℃が2~3日続いても、先生は一度も解熱剤は使わずに来た。

5才くらいの女の子が高熱で解熱剤を使い続けて亡くなったケースがある。
解熱剤で熱を使ったために
充分にウィルスと戦えなかったために
肺に菌が入り肺炎になって、さらに高熱となり
そこでも解熱剤を使用するのみの対処で亡くなってしまった。

体が熱を出すのはウィルスと戦うため。
簡単に解熱剤を使って下げると
ウィルスと戦う力を落とす事になる。

熱が上がっていく時には温めておく。
上がりきったら何もせずに熱が逃げやすくしておく。

無理に着込んだり暖房したり毛布で包んだりする必要はない。
無理やりすると具合が悪くなる。

頭がぼーっとしたりしている時は頭を冷やす程度。

熱があっても元気なうちは大丈夫。
自然に下がるのを待つ。

高熱がありながらゲホゲホとした咳がある時は危ないので
かかりつけの病院に行く。
ぐったりしていて目がうつろな時も病院に。

熱以外に症状が無い場合では中耳炎の可能性もある。

だいたい発熱の90%はウィルス性で抗生物質は効かない。
10%は菌が原因。抗生物質で対処。

高熱で脳炎を引き起こすという心配をする人が多いが
熱で脳炎にはならない。

38.5℃を越えたら解熱剤の使用を促す病院は多いが
38.5はたいしたことはなく、40℃越えたら考えるようにする。

続きは番組を聞いてみてくださいね。

3/27 9:15~ (再放送 3/27 13:00~ 3/22912:30~)
PCではこちら、http://842fm.west-tokyo.co.jp/
(スマホは無料アプリTunein Radioをダウンロードして)

タグ:石原新菜 温め 腹巻 生姜紅茶