FM西東京84.2コミュニティラジオ

QCQ
総持寺
おかげさまで20周年!
三幸自動車
思い出ラジオ
バナー広告募集中!
「石原新菜の温め美人レディースクリニック」1/8放送内容 アナフィラキーショックは予防出来るか?

「石原新菜の温め美人レディースクリニック」1/8放送内容 アナフィラキーショックは予防出来るか?

「RSS Podcasting」と書かれた赤いバナーをiTunesなどのソフト上にドラッグ&ドロップすると番組が登録され、 そのソフト立ち上げるたびに自動更新された番組を楽しむことができます。


1/8の放送は「アナフィラキーショックは予防出来るか?」

40代女性。
叶姉妹の美香さんが昨年、アナフィラキーショックで緊急入院をしたが
どういうことに気をつければ防げるのか?

何かに対するアレルギーで引き起こされる。
それがひどくなって、ヒスタミンが急激に出て
血管が拡張をして急激な低血圧が起きて
全身の臓器に血流が届かなくなる。

特に怖いのは脳に血液がいかなくなる事。
5分届かないと脳の機能が麻痺するといわれている。

特定のアレルギーを持っていて
既往症があるひとはアドレナリンの注射を持っている場合が多いので
突然の発作の時には筋肉に注射を打って
血流を回復させる。

アドレナリン注射がない時は
心臓マッサージと人工呼吸をして救急車の到着を待つしかない。

要注意なのが
赤ちゃんがなる場合や
アレルギー物質を食べた後に運動をすること。

これまで少しでも反応のあったものは
極力食べないようにする。

アレルギーの血液検査は一概に当たっているわけではない。
数値が高くても全くアレルギー反応が出ないものや
数値が低くてもアレルギー反応が出てしまうものもある。

アレルギー体質の子どもには教えておいた方がいい。
ぶつぶつが出たり、息が苦しくなったらすぐに大人に助けを求めるようにする。

詳しくは番組を聞いて下さい。


1/8 9:15~ (再放送 1/8 13:00~ 1/10 12:30~)
PCではこちら、http://842fm.west-tokyo.co.jp/
(スマホは無料アプリTunein Radioをダウンロードして)