FM西東京84.2コミュニティラジオ

QCQ
総持寺
バナー広告募集中!
三幸自動車
思い出ラジオ
「帯津良一の達者で生きる」1/22放送内容 駿台予備校講義での質問

「帯津良一の達者で生きる」1/22放送内容 駿台予備校講義での質問

「RSS Podcasting」と書かれた赤いバナーをiTunesなどのソフト上にドラッグ&ドロップすると番組が登録され、 そのソフト立ち上げるたびに自動更新された番組を楽しむことができます。

1/22の放送は、「駿台予備校講義での質問」

駿台予備校で長年、年に1回の講義をしている。

医学、薬学、歯学を目指す学生対象に
これからの医療はどうなるか、
そこから求められる医療者像とはどういったものか、
日本の医療の質を高めてもらうような話しをしている。

学生は一生懸命聞いてくれて毎年先生は楽しみにしている。
その時の学生からの質問がいい。

例えば、
「ホメオパシーは一生をかけるのに値するでしょうか?」
先ずは、今の予備校での勉強を続けて医大に受かって、西洋医学を学んでからホメオパシーを学んだらどうか。
フランスでは35歳以降でないと
ホメオパスにはなれない。


「死ぬのがとても怖い。医者になる資格はあるでしょうか?」
むしろ、死ぬのが怖いほうがいい。死ぬのが怖い患者さんの力になってあげることが出来るので、
怖いのは歓迎すべき事。

「生きるとはどういうことか」
ベルクスンの「生命の躍動」

この講義は楽しくてやめられない。


詳しくは番組を聞いてみてくださいね。

1/22 9:15~ (再放送 1/25 9:15~)
PCではこちら、http://842fm.west-tokyo.co.jp/
(スマホは無料アプリTunein Radioをダウンロードして)

タグ:帯津良一 ホリスティック医学 統合医療 がん