FM西東京84.2コミュニティラジオ

バナー広告募集中!
思い出ラジオ
「帯津良一の達者で生きる」4/30放送内容 がんの食事療法についてその2

「帯津良一の達者で生きる」4/30放送内容 がんの食事療法についてその2

「RSS Podcasting」と書かれた赤いバナーをiTunesなどのソフト上にドラッグ&ドロップすると番組が登録され、 そのソフト立ち上げるたびに自動更新された番組を楽しむことができます。

4/30の放送は、「がんの食事療法についてその2」

33年前に帯津三敬病院を開いた時には
中国薬膳粥と玄米菜食からスタートをした。

これはあくまで患者それぞれの患者の希望によって出されていて、
人によっては白米を望む人もいる。

食は、万人向きというのは無い。
その人にとって何がいいかというのは違う。

食養生の専門家、幕内秀夫さんにお願いをして
個人指導を行うようにした。

それでも難しさはある。

例えばマクロビオテックでも誰でもが効くわけではない。
その通りやっていても治らない人
その通りやっていても癌になってしまう人がいる。

色んな人が色んな理念に基づいてやっていて
それはそれぞれが大いに広めていけば良い。

そして、自分の食はコレだと自分で築いて行けばよい。

生きていく喜びの中で食は大きい。
アンドルー・ワイルさんも
「食はプレジャーですからね。そこを忘れてはいけません。」と語っている。

わぁーっと喜んで大いにときめいて食すれば
それだけで自然治癒力はぐーんと上がって来る。

一つ一つの食材の不利があったとしても余りある効果がある。

玄米菜食を忠実にやっている人にも
「たまにはレールから降りて肉でも食べて、大いに盛り上がれば良い。
毒の分も帳消しになる。その後でまたレールに戻れば大丈夫。」と伝えている。

喜びの食は、食養生であり、心の養生でもある。
一人ひとりがその塩梅を量り、バランス良くやって行けばよい。


詳しくは番組を聞いてみてくださいね。

4/30 9:15~ (再放送 5/3 9:15~)
PCではこちら、http://842fm.west-tokyo.co.jp/
(スマホは無料アプリTunein Radioをダウンロードして)

タグ:帯津良一 ホリスティック 代替療法 がん