FM西東京84.2コミュニティラジオ

QCQ
総持寺
おかげさまで20周年!
三幸自動車
思い出ラジオ
バナー広告募集中!
「帯津良一の達者で生きる」5/7 放送内容 がん治療における食とよろこび

「帯津良一の達者で生きる」5/7 放送内容 がん治療における食とよろこび

「RSS Podcasting」と書かれた赤いバナーをiTunesなどのソフト上にドラッグ&ドロップすると番組が登録され、 そのソフト立ち上げるたびに自動更新された番組を楽しむことができます。

5/7の放送は、「がん治療における食とよろこび」

食事療法は心の養生、ときめきと表裏一体となっている。
病気の治療予防に大きな役割を持っている。
世の中に食事療法の種類がたくさんあるのは、それぞれに意味があるから。

帯津病院でも最初は薬膳粥と玄米菜食でスタートしたが
万人向けというのはなく、一人ひとりそれぞれに一番良い方法があるので
個人指導を取り入れている。

食材だけでなく、旨い物を食べる喜びが大事。

基本的な考えとしては
大地のエネルギーを体内に入れて命のエネルギーを高めていくのが食養生。
なので、旬のもの、地場のもの、植物を
まるごとなるべく手を入れない方法で食べるのが良い。
なので、どうしても動物性物は価値は下がる。

ただし、肉も大いなる喜びなので
月に3回くらいは食べてもよしとする。
酒も養生なので、毎日呑んでよしとする。

先生は5月には初かつおで呑むのが喜び。
命の場が煮えたぎり大いに喜ぶ。

食は食材の素質と喜びを。

詳しくは番組を聞いてみてくださいね。

5/7 9:15~ (再放送 5/10 9:15~)
PCではこちら、http://842fm.west-tokyo.co.jp/
(スマホは無料アプリTunein Radioをダウンロードして)

タグ:帯津良一