FM西東京84.2コミュニティラジオ

バナー広告募集中!
思い出ラジオ
「帯津良一の達者で生きる」6/18放送内容 年をとっての心得~悠悠自適もいいけど、働き続けるのもまた良し

「帯津良一の達者で生きる」6/18放送内容 年をとっての心得~悠悠自適もいいけど、働き続けるのもまた良し

「RSS Podcasting」と書かれた赤いバナーをiTunesなどのソフト上にドラッグ&ドロップすると番組が登録され、 そのソフト立ち上げるたびに自動更新された番組を楽しむことができます。

6/18の放送は、「年をとっての心得~悠悠自適もいいけど、働き続けるのもまた良し」

とある人が、養生法を実践するための小冊子を作って
その監修をして欲しいと訪れた。

目を通すと、アンチエイジングという言葉が目に付いた。

アンチエイジングというのは好きではない。

年をとっていくという自然の流れに逆らっても
どっち道同じ事で仕方のないこと。

この世だけが自分の世界ではなく、
次の世界に展望を持って生きて行く方がいい。

アンチ=反対 というのは良い事ではない。
流れに従った方がいい。

年をとって行く事の惨めさについて
一つ一つ取り上げて反駁していった人に
キケロがいる。

キケロは「老年について」という書で
年をとるとどういう事で惨めさを感じるか書いている。

・公職を離れる。
・体力が落ちていく。
・楽しみが減る。
・死に近づく。

段々と年をとって行くのをネガティブに考えるのは良くない。
やはり、若々しく、免疫を上げていくのは
ときめき、喜び、歓喜である。

ベルクソンは、生命の躍動とは、内なる命の場が煮えたぎって外にあふれ出すことで
そこに、大いなる喜びを感じると言っている。

それは、ただの喜びではなく、創造クリエイションが伴う。
自己の力で自己を創造する、自己実現。
常に上を目指して終わりが無い。

老いてもしぼむものではなく、
自己実現を果たしていく。

夏目漱石は死んでも自分はある。
死んで初めて本来の自分に帰れるのだという。

だーっと、仕事をして、最後にバタンと倒れて死ぬ、
というのが夏目漱石の死生観。

帯津先生も、まっしぐらに働いて行くのが好きで
休日は嫌い。
どんどん働いて途中で倒れて死の世界に入っていくのが憧れ。

漱石の死生観を我が死生観として生きていく。

詳しくは番組を聞いてみてくださいね。

6/11 9:15~ (再放送 6/14 9:15~)
PCではこちら、http://842fm.west-tokyo.co.jp/
(スマホは無料アプリTunein Radioをダウンロードして)

タグ:帯津良一 ホリスティック医学 統合医療