FM西東京84.2コミュニティラジオ

QCQ
総持寺
おかげさまで20周年!
三幸自動車
思い出ラジオ
バナー広告募集中!
「安保博士の謎解き免疫塾」1/6放送内容 腫瘍マーカーについて

「安保博士の謎解き免疫塾」1/6放送内容 腫瘍マーカーについて

「RSS Podcasting」と書かれた赤いバナーをiTunesなどのソフト上にドラッグ&ドロップすると番組が登録され、 そのソフト立ち上げるたびに自動更新された番組を楽しむことができます。

1/6の放送は、「腫瘍マーカー」

30代男性から。

人間ドックで腫瘍マーカーがNSE46という高い値だったが、
胸部レントゲンとCTの結果異常がなかったので
一年後に再検査、経過観察となった。
念のために他の病院で調べたが
レントゲンやCT検査はしてもらえず
問診のみで経過観察とのこと。
腫瘍マーカーが高い数値なのに
一年放置していて大丈夫なのか?非常に不安。

腫瘍マーカーはそれぞれの癌に数種類ずつあってすごい数がある。

また、例えば前立腺の場合、前立腺肥大でも腫瘍マーカーの値は高くなる。
なので、腫瘍でなくても高い数値になることがあるので
他の検査をして確かめることになっている。

一番大事なのは、心配なので1年、あるいは半年、三ヶ月と
次々と検査を繰り返すような流れに引き込まれてしまわないこと。

そのたびに検査の結果がどう出るか気にするあまり
生きた心地がしなくなる。

癌の成り立ちは、交感神経の緊張による低体温低酸素で発症するので
頻繁に検査をする恐怖が発癌の原因の一つになっている。

癌は全く偶然に起こるのではなく、
過酷な生き方による低酸素低体温で発症する基本的な考えを学ばないと、

がん検診や人間ドックなどで疑いがかかるとすごく怖い思いをする。
生きた心地がしなくなる。

その流れで発癌してしまう。
癌の成り立ちを理解して欲しい。

安保先生の知り合いの内科医が言うには
1人の胃癌患者を見つけるのに
30人をひっかけるという。

29人は大丈夫。1人が癌。
乳癌も同じくらいの頻度。

なので、がん検診を受けると途端に何の罪の無い29人が苦しむ事になる。
がん検診の弱点を知ること。

安保先生はがん検診には行っていない。
「怖くてダメ」だそう。

鍼灸治療師の内野孝明氏からは...

発癌の原因は低酸素低体温と安保先生が発表してから
癌患者の方には温泉、陶板浴、岩盤浴を勧めてきた。
昔から温泉療法はあるが、熱い湯は交感神経緊張になるので
ぬるめの湯に入るのがよい。

数年前から40代の方が仕事のストレスから痩せてきたので聞いてみると
缶コーヒーを一日に6~7本飲んでいるとのこと。

缶コーヒーをやめてから体調が良くなっていたが
転職をしたところ体調悪化、
腫瘍マーカーの数値が高くなる。

安保先生の本で癌の成り立ちを理解、
出来ることから改善。

50代の病院勤務の女性も乳ガンの腫瘍マーカーが高いと相談。
女性の方が検査結果に怯えない強さがあるのかびくびくしない。

前立腺がんで腫瘍マーカーが高い80代の方も
大からに歩く事を楽しみホルモン療法だけを受けていた。

後から発癌した友人で手術、抗がん剤、放射線治療をした人たちは
先に亡くなってしまっている。

歩ける事の素晴らしさは病気をして初めてわかる喜び。


詳しくは番組を聞いてみてくださいね。
1/6 9:15~ (再放送 1/10 9:00~)
PCではこちら、http://842fm.west-tokyo.co.jp/
(スマホは無料アプリTunein Radioをダウンロードして)

タグ:安保徹