FM西東京84.2コミュニティラジオ

バナー広告募集中!
思い出ラジオ
第4回「帯津良一の達者で生きる~特別対談・オリジン生化学研究所前田浩明所長

第4回「帯津良一の達者で生きる~特別対談・オリジン生化学研究所前田浩明所長

「RSS Podcasting」と書かれた赤いバナーをiTunesなどのソフト上にドラッグ&ドロップすると番組が登録され、 そのソフト立ち上げるたびに自動更新された番組を楽しむことができます。

第4回 サプリメントに活かす素材の持つ生命力

7月の放送は、特番として、
オリジン生化学研究所の前田浩明所長と対談。
第四週はサプリメントに活かす素材の持つ生命力

生食がいいのか悪いのかという論争もあるが、
きちっとした素材をフレッシュな内に加工すれば
体によいエネルギーが入って来るものと考えている。

苺をジャムにして食べ比べるブラインドテストをした。
形の良い品格ある苺と
B級の苺をそれぞれジャムにしたものを
それとは知らされずに食べ比べたら

明らかに、形の良いきちっとした苺の方が美味しいジャムになっている。

サプリメントも同じで
原料には絶対的にこだわりたい。

帯津先生も野菜は生ではなく
火を通したものを食べてきている。

火を通した野菜は体に優しい。

また根菜類を好んできた。
根菜は大地のエネルギー
微生物のエネルギーを蓄えている。

がんの患者さんは、たいてい自分自身で選んだサプリメントを飲んで来ているので、
まずはそれを尊重して
経過をしばらく見るようにする。

本来は作用別に選んだほうが良いのだが
経過をしばらく見て
必要があれば効能がふさわしいものにしていく。

サプリを選ぶ際には
基礎実験のあるもの。
エビデンスが少しでもある方が良い。
ある程度しっかりした会社で
しっかりした人が開発したものにする。

その点、オリジン生化学研究所のものなら安心できる。


詳しくは番組を聞いてみてくださいね。