FM西東京84.2コミュニティラジオ

QCQ
総持寺
おかげさまで20周年!
三幸自動車
思い出ラジオ
バナー広告募集中!
2015年8月14日「花便り」

2015年8月14日「花便り」

「RSS Podcasting」と書かれた赤いバナーをiTunesなどのソフト上にドラッグ&ドロップすると番組が登録され、 そのソフト立ち上げるたびに自動更新された番組を楽しむことができます。

終戦記念日前日、8月14日の「花だより」は、パーソナリティ山田訓子さんに1945年の引き揚げやその後のお話しをしていただきました。

2015年8月14日。終戦記念日の前日の「花だより」は内容を変更して、
パーソナリティ山田訓子さんに1945年の引き揚げや戦後の
お話をしていただきました。

「映画にもドラマにもならない市民がどんな思いをしてきたか


山田さんは敗戦時7歳。そのとき韓国で暮らしていました。
この日を境に暮らしに天地ほどの変化があったといいます。

敗戦は韓国の安東(アンドン)の郊外にお祖父さんが拓いた
農場で8月16日に知った事。
農場には数百人の現地の方々が集まって、自由になったと喜んでいた事。
(暴動はまったくなかった事。)

小さいころから一緒に遊んだ犬デンとの悲しい別れ。

貨物船で渡った大荒れの玄界灘。
命懸けで帰ってきて見た、広島のがれきの山。

生死不明だった父親の帰還。シベリアの収容所の話。

49年経って訪れた韓国での感動的な体験。


自然災害では人は亡くなる事はあっても人は殺さない。
あれから70年たっても色褪せない戦争の恐ろしさを、
自らの体験をもって私たちに伝えてくれています。

是非、お聞きください。
(音声の著作権の関係上、一部をカットして配信しています。
ご了承ください。)