FM西東京84.2コミュニティラジオ

QCQ
総持寺
おかげさまで20周年!
三幸自動車
思い出ラジオ
バナー広告募集中!
「藤田紘一郎の元気まるまる、お腹の話」8/9放送内容 体内時計をベストに保つ昼食の食べ方

「藤田紘一郎の元気まるまる、お腹の話」8/9放送内容 体内時計をベストに保つ昼食の食べ方

「RSS Podcasting」と書かれた赤いバナーをiTunesなどのソフト上にドラッグ&ドロップすると番組が登録され、 そのソフト立ち上げるたびに自動更新された番組を楽しむことができます。

8/9の放送「体内時計をベストに保つ昼食の食べ方」

どんなお昼ご飯を食べているかで
10年後の体に差が出てくる。

昼食は、朝食から4時間~6時間空ける方がよい。
食べたものが無くなるのがだいたい4~6時間。
胃の中が無くなってから入れるようにする。

なるべく毎日一定の時間にとる。
体内時計を円滑に動かす。

食べるものは腸にいいもの。
野菜、穀類、豆類、発酵食品。

ストレスに対抗するためには良質のたんぱく質を摂る。
良質のたんぱく質は幸せホルモンのメラトニン、ドーパミン、ギャバを作る材料となる。
幸せホルモンがストレスを取り去ってくれる。
赤みの肉、青魚、大豆製品を摂る。

避けたほうがいいのが
食品添加物の入ったもの。
悪い油を使用したもの。
安くて簡単なものはNG。

基本的に炭水化物はあまり摂らないようにしているが
摂るとしたら昼にする。
また、玄米や雑穀米の方がよい。

炭水化物は手っ取り早くエネルギーになるので
夜に食べると使われないで脂肪になって蓄積されてしまう。


詳しくは、番組を聞いてみてくださいね。


8/2 9:50~ (再放送 8/3 9:15~)
PCではこちら、http://842fm.west-tokyo.co.jp/
(スマホは無料アプリTunein Radioをダウンロードして)