FM西東京84.2コミュニティラジオ

バナー広告募集中!
思い出ラジオ
「白川太郎の、実践!治るをあきらめない!」9/11放送内容 「副腎を元気にする方法は?」

「白川太郎の、実践!治るをあきらめない!」9/11放送内容 「副腎を元気にする方法は?」

「RSS Podcasting」と書かれた赤いバナーをiTunesなどのソフト上にドラッグ&ドロップすると番組が登録され、 そのソフト立ち上げるたびに自動更新された番組を楽しむことができます。

9/11の放送は「副腎を元気にする方法は?」

リスナーからの質問です。

アトピー性皮膚炎の患者です。
苦労の末、ステロイド軟膏をやめることが出来たが、
これまで長くステロイド軟膏を使用したため、副腎が機能していない。
どうしたら副腎を元気にして
自前のステロイドホルモンが出るようになるのか?


まだ解明されていない部分もあるが
色々な試みが報告はされている。

なかでも、テニスプレーヤーのジョコビッチ選手が発表している事例もあるので紹介したい。

彼はアレルギーを克服してきたのだが
その中で脱ステロイドも経験し
テニスもやれないくらいの疲労を起こし
どうしたらいいのか試行錯誤をして来た。

副腎に皮質ホルモンを出すように働けと指令を出すのがATCHというホルモン。
このATCHはストレスがかかると、脳からたくさん出てしまい、
働けと指令が出続ける事で副腎は疲労してしまう。

従って、副腎の回復に大事なのは
まず、ストレスを軽減させること。
リラックス出来る方法を工夫する。

次に、昼寝をすること。

そして、良質なたんぱく質と油脂を摂る事。
ホルモンの原料になるのは
炭水化物ではなく、たんぱく質と脂質だから。

ココナツオイルやアボガドオイルなどもお勧め。

ジョコビッチ選手といえばグルテンアレルギーの話があるが、
アレルギーがある人であれば避けたほうがいい。

ただし、血液検査の数値はあてにならない。
数値が高いからといって症状が出ない人。
数値が低いのに、症状が出る人がいる。

皮膚反応の検査の方が正確に出る。
ただし、皮膚反応の検査は強い反応を誘発する可能性があるので、
やるかどうかは専門医に相談してからの方がいい。

また、食べてすぐ出るアレルギー反応と
半日くらい時間が経ってから出るアレルギーとがあるが、
自分がどのパターンが強いかは抗体の種類によって判るので
調べてみるといい。


詳しくは番組を聞いて下さいね。

9/11 9:50~ (再放送 9/12 9:15~ )
PCではこちら、http://842fm.west-tokyo.co.jp/
(スマホは無料アプリTunein Radioをダウンロードして)