FM西東京84.2コミュニティラジオ

QCQ
総持寺
おかげさまで20周年!
三幸自動車
思い出ラジオ
バナー広告募集中!
「帯津良一の達者で生きる」9/8放送内容 「『病は気からを科学する』を読んで」 

「帯津良一の達者で生きる」9/8放送内容 「『病は気からを科学する』を読んで」 

「RSS Podcasting」と書かれた赤いバナーをiTunesなどのソフト上にドラッグ&ドロップすると番組が登録され、 そのソフト立ち上げるたびに自動更新された番組を楽しむことができます。


9/8の放送は、「『病は気からを科学する』を読んで」

ジョー・マーチャント著『病は気からを科学する』を読んで思うことを話す。

ネイチャーの編集にも携わっていたマーチャントが
心の状態が病気に深く関わる事を証明しようとした。

心の問題は非常に大切で
西洋医学でもいわゆるプラシーボ効果と呼ばれていて、
心の持ちようで、治療の効果が高くなったり低くなったりする。

治療者も患者も期待していくことが大切。

アリゾナ大学のアンドリューワイル氏も、
信頼の三角形が大事と言っている。

患者とドクターと治療方法。
その三角形が強い信頼関係を作る。

患者も自分で選んだのだから
効くと思ってやっていく。

ドクターも効果を信じる。
特に代替医療を行う時に、
患者さんが望むからと半信半疑ではやらない。

患者が信じているのに
ドクターがしょうがないとやっている。
否定はしないが積極的に肯定しないような状態。
ドクターも効くと関心を持ってやって欲しい。

西洋医学の治療方法も
全てが科学で解明されているわけではない。

足りないところは直感で補っていく。

人生も充実した日々を送っている時は
直感と論理の統合が起きてうまく行っている。

詳しくは番組を聞いてみてくださいね。


9/8 9:15~ (再放送 9/11 9:15~)
PCではこちら、http://842fm.west-tokyo.co.jp/
(スマホは無料アプリTunein Radioをダウンロードして)