FM西東京84.2コミュニティラジオ

QCQ
総持寺
バナー広告募集中!
三幸自動車
思い出ラジオ
「安保博士の謎解き免疫塾」2/26放送内容 トランス脂肪酸・運動のし過ぎは痩せない?・大食いは体に大丈夫なのか?

「安保博士の謎解き免疫塾」2/26放送内容 トランス脂肪酸・運動のし過ぎは痩せない?・大食いは体に大丈夫なのか?

「RSS Podcasting」と書かれた赤いバナーをiTunesなどのソフト上にドラッグ&ドロップすると番組が登録され、 そのソフト立ち上げるたびに自動更新された番組を楽しむことができます。

2/25の放送は、「トランス脂肪酸・運動のし過ぎは痩せない?・大食いは体に大丈夫なのか?」

60代男性から。
欧米では規制が厳しいトランス脂肪酸。
日本では規制はゆるい。
安保先生の見解は?

これまでの日本人の食生活に
大量のマーガリンやポテトチップスを食べる習慣が無かったので
ゆるい規制で間に合っていたという解釈。


20代女性から。
週に2~3回の運動を習慣化しているが
以前より運動量が増えているのに
痩せないのはなぜか?

運動には2種類あって、
瞬発力で動く白筋を動かす運動は糖を分解してエネルギーにする。
もう一つ、
持続力で動く赤筋を動かす運動は脂肪を分解してエネルギーにする。

マラソン選手などは持続力の運動なので脂肪を分解して
やせこけている。

運動しても痩せない人は、
脂肪を燃焼させない筋トレを重視していたり、
運動の消費カロリーより相対的に食べ過ぎている可能性がある。


30代女性から。
テレビ番組で、大食いを紹介するものがあるが、
驚異的消化能力があるので大丈夫とされているが
他の臓器に影響がないのか不思議。

大食いの人は、殆ど食べたものを消化しないまま外に排出している。
そうやって、大食いから身を守る反応を体がしている。

内野孝明鍼灸治療師からは...
揚げ物油に多く含まれるトランス脂肪酸。
表示にはショートニングと書かれている。

パンやマーガリンにも多く含まれているので
パン食の人は注意が必要。

トランス脂肪酸は動脈硬化、肥満、心臓疾患、アレルギーを起こすと言われている。

トランス脂肪酸が大量に入り込まない和食の食生活を大切に。

災害非常食の乾パンやクラッカーにはショートニングが使われており、
日本人ならば米を使った煎餅に代えていければよい。

断食入院で病気を克服した人の70%が退院後、病気を再発している。

戦中戦後に飢餓を体験した人ほど食欲を抑制できない。

これからの若い人は、
少食の和食で病気にならない生活にシフトして欲しい。


詳しくは番組を聞いてみてくださいね。

2/25 9:15~ (再放送 3/1 9:00~)
PCではこちら、http://842fm.west-tokyo.co.jp/
(スマホは無料アプリTunein Radioをダウンロードして)

タグ:安保徹 内野孝明 免疫